TOP
53.98score

なけぬし

スポンサーOvertex

ビットコインの適正価格を考えるのは面白い

リンク先より

>投資銀行で資産管理を行うNeedham & Companyはビットコインの
>現在価格は実際の価値よりも58%も安く取引されているという
>レポートを発表した。
>レポートではビットコインの価値を$655と見積もっており現在価格の$412を大きく上回る。

現在のビットコイン価格は過小評価されている。

投資銀行で資産管理を行うNeedham & Companyはビットコインの現在価格は実際の価値よりも58%も安く取引されているというレポートを発表した。
CryptoCurrencyMagazine / クリプトカレンシーマガジン

ビットコインはデジタルのゴールドという認識が広く知られていますが、
実際の価格は売買価格が正しいと言わざるを得ません。

いくらゴールドが貴重であってもお腹が空いている人はゴールドよりパンを買うでしょう。

需要と供給を考えれば「適正」かどうかは別として、多くの人が現状はそのような価値をみなしているということが言えます。

単純な経済原則からすれば供給がある程度一定で需要が10倍になれば、価格は10倍になるというもの。

じゃ、なんで、ビットコインがいまの価格なのかというところを考える必要があるでしょう。

・多くの人が誤解しているのでしょうか。
・隠されたリスクがあるのでしょうか。
・作られたニセ情報に基づくからでしょうか。
・詐欺じゃないと理解するのに時間と体力と智恵がいるからでしょうか。

記事のなかで注目すべきことに言及しています

>ビットコインの時価総額は63億ドルでその約75%である48億ドルが
>投資として扱われている。つまりそれはゴールドの6%に値し、
>2020年までに25%まで上昇すると予想している。

ゴールドしか無い状況からデジタルのゴールドを発明しました。
もしそうならデジタルのゴールドがある状況からデジタルのゴールドと同等のものも発明されそうです。

ここまで来ると、哲学とかSFとか、そのような話しになってきて、かえって現実離れして楽しくなってきます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-03-30 16:02

コメント (0)